蒸し暑い部屋の対策には一番効果的なコレをおすすめします!

毎年梅雨時期から湿度が高くムシムシして不快ですね。


身体はベタベタするし、
酷い時にはなんだか息苦しい・・・・

クーラーをつけてもこのべたつき解消されます?

帰宅したら身体がベタベタなので、汗拭きシートで拭いたり

なるべく換気をして空気の流れをよくしたり。



気温が高ければクーラーを付けて対策できますが

それほど気温が高くなくても蒸し暑くてたまらない時ありますよね。


それにクーラーをつけても湿度はそのままで気温だけが下がりべたつく不快感は解消しないこともあります。

なので思い切って除湿機を購入してみました!

結論から言うと

除湿購入してとても良かったです!

でも

文句なしに人におすすめ出来るかというと

ちょっとしたデメリットはあるなと思いました。

実際使用して感じた

除湿機のおすすめできる所とおすすめ出来ない所をご紹介します。

 

スポンサーリンク

蒸し暑い部屋の対策に!除湿器を購入してみた感想!

除湿機のメリット

  1. ホントに除湿される
  2. お風呂場・洗面所のカビ対策ができる
  3. 電気代は気にならない
  4. 衣類乾燥機能付き

 

①ほんとに除湿される(笑)蒸し暑さがなくなる!

感動です!

部屋のジメジメ、ムシムシが無くなります。

梅雨時期に除湿すると部屋のムシムシしたべたつく空気がなくなります。

稼働して短時間でカラっとしはじめます。

おすすめは夏にエアコンを付ける前に
除湿機を少しの間稼働させます。


すると部屋の湿気が無くなって
エアコンを付けた時にはベタつかず部屋が涼しいです。

よくあるエアコンで温度は下がるけど湿度は下がらず不快なまま・・
というのがないです。

 

②お風呂場、洗面所のカビの心配が減る

冬のお風呂上がりの脱衣所の壁の結露がかなり酷い。

壁から水が滴るほどだったのですが

除湿機のおかげで結露の心配がなくなりました。

 

③電気代が気にならない

気になる電気代ですが

除湿機を購入したからといって電気代が高くなったとは感じません。

長くても1日2時間以上も稼働させる事はないですしね。

 

④衣類乾燥機能がついている(除湿機による)

部屋干しされる人には嬉しい機能です。

因みに私が購入した除湿機は消臭機能もついてます。

 

除湿機のデメリット

  1. 室内温度が上がる
  2. 稼働音がうるさい
  3. 除湿機自体が凄く重い

 

①室内温度が上がる

除湿機の種類にもよりますが

稼働させると間違いなく部屋の温度は上がります。


冬場は暖かくなるので逆にメリットかもしれませんが、

夏場は部屋で少しでも除湿機を稼働させると

暑くて我慢できません。


梅雨の時期などはまだ気温が高くないので

除湿機と扇風機でわりと快適になります。



ですが、気温が高い季節には、先に除湿機で部屋の空気を除湿して

その後はクーラーで気温を下げる方法がベストです。


また湿度が上がったと感じたら少しの間、除湿機を稼働させます。

夏場は暑くて
長時間、稼働させることは出来ないですね。

 

②稼働音がうるさい。

テレビを付けた部屋で除湿機を稼働すると

おそらくテレビの音量は上げないといけないくらい音はします。

 

③除湿機本体の重さが凄い

除湿機にもよりますが

私が個人的におすすめできない理由の第一位はこれです。


片手での持ち運びが辛く感じる重さです。

除湿機を移動させるのは結構大変です。


因みに購入した除湿機は約9.0kgでした。
8~16畳用です。

小さいサイズもあると思うので
購入される方は重さも気を付けて選んで下さい。

 

そもそも除湿機を購入しようと思ったきっかけ

部屋の蒸し暑さをなんとかしたいと思っていたのもありますが

チャタテムシってご存知でしょうか?




この虫はとっても小さくて害はないのですが

人間が生活している場所には必ず共存しているくらい身近に生息している虫なのです。

この虫、カビのあるところにやたらに発生します。


どうも私は生活スタイルの問題なのか

部屋に湿度を溜めてしまうようで
(換気はまめにしてますよ!)

過去にチャタテムシを大発生させてしまった経験があります。


なんとかして湿気を少なくカビが発生しないようにするために

除湿機購入に踏切りました。

 

除湿機の選び方 種類について

除湿機には

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式

この3タイプあってそれぞれ特徴が違います。
ざっくりと説明します。

 

コンプレッサー式

  • 室温が上がるタイプ
  • 夏に除湿効果を発揮するタイプ
  • 室温が低いと除湿効果も低い
  • 音が大きい
  • 重い
  • デシカント式より電気代安い

 

 

デシカント式

  • 室温が低くても除湿効果は高い
  • 室温が上がるタイプ
  • 電気代高い
  • 音・重さはコンプレッサー式よりはまし

 

 

ハイブリッド式

  • デシカント式コンプレッサー式の特徴を併せ持つ
  • 除湿機本体価格が高い
  • 重い
  • 夏はコンプレッサー式で稼働
  • 冬はデシカント式で稼働
  • 電力もどちらの機能で動かしたができまる。

 

一人暮らしにオススメの除湿機はどのタイプか?

初めての除湿機で一人暮らしの場合だと

除湿機本体の価格と電気代を考慮して

コンプレッサー式をおすすめします。


私が使用しているのはコンプレッサー式ですが

もう少し小さめなら重くないのかな・・・と思います。

ですが小さいと除湿能力があまりないのかなと不安があり

この大きさの除湿機を購入しました。

コンプレッサー式は「室温が低いと除湿効果も低い」といわれているのですが
冬でも使用してみて
個人的にはそんなに除湿効果が下がっていると感じないです

 

 

除湿機のお手入れ

除湿機の種類によるかもですが

お手入れはほとんどすることないです。

  • 水がたまったら捨てる
  • 掃除機でフィルターホコリを吸う

 

蒸し暑い部屋の対策に除湿機はおすすめできます。

実際購入して思うのは

ほんとに買ってよかった!という事です。

暮らしが快適になります!

湿気のムシムシ、イライラ、不快感が減ります。

風呂場の壁の結露を拭くという作業から解放されました。


除湿機あるとほんとに空気が違います!

湿気に関するトラブルのない方にとっては
購入しなくても問題ない家電だと思います。

ですがもし少しでも気になるという方の参考になれば幸いです。

 

購入してよかったおすすめ家電!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電選び
スポンサーリンク
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました